贅沢ミニマリスト

ミニマリスト「彩透いろ」が発信する、ミニマムライフを軸とした雑記ブログ。

「ズボンがきつい」は要注意。体型変化を見逃さないダイエットのコツ

「ん?いつものデニムがきついかも。」着心地のいいいつもの服が着心地悪い。

脱ぎ履きがやりにくい。しゃがむと太ももがパツンとする。ウエストのボタンが閉まりにくい。見た目的にもデニムの頑張ってる感が否めない・・。

よく見るとシルエットがもたついて、あぁ少し太ったかな、なんて気づく。

こんな風に気づけるのは、自分のスタンダードサイズ、心地よさを知ってこそ。自分の「気持ちいい」からずれたサイン!!

minimalist-diet-summer201805

ranking-thanks-minimalist

ダイエットのきっかけはこのデニム

今回改めて体重コントロールをしようと感じたきっかけは、いつものお気に入りのデニムを履いた感じが不快になってきたことが大きな原因です。

お気に入りにも関わらず、「きついから履きたくないなー」と感じていた自分がいました。

それで体重を測ってみたら「標準より2kg以上オーバーしてる!!!」(標準とは私基準です)

明確な数字を持っておくと指針になる!

ちなみにこのデニムはウエスト58cm、ヒップ87cm、また下80cm。体重は50kg前後ならジャストサイズで気持ちよく履けるサイズです。

ベストワードローブに体型を合わせる。

体型にワードローブを合わせるよりも、身体が軽く、何より心地良く着ることができる体型を維持する方が合理的です。

服を買い替えるのは不経済ですし、不安定。ミニマリストとしては、お気に入りを長く愛でるためにも体重はコントロールしていきたいところ。

こんな風に自分のワードローブの着心地を基準にして、体型維持に勤しむのもひとつの方法かと思い、提案してみました!

是非、お手持ちのワードローブの中からひとつ基準サイズを決めておくことをおすすめします。