贅沢ミニマリスト

ミニマリスト「彩透いろ」が発信する、ミニマムライフを軸とした雑記ブログ。

ミニマリストは心地良くなれるモノを手に入れたら丁寧に大切に使う。

消費社会の中で、自分が心地良くなれるものと出会えたら、それは奇跡ほどの価値があると思います。これからの長い人生で自分を気持ちよくさせてくれるモノ・コトとどれだけ出会えるでしょうか。

ミニマリストで在り続ける」とは、そんな自分の気持ち良さを「探求する旅」のようなものだと、私は思っています。

my-favorite-rose-soap

これは私の、お気に入りの石鹸。ローズとラベンダーの香りがして、とても気持ちがいいです。

顔用の石鹸なのですが、この香りが私のお気に入りです。この香りに包まれることが自分にとっての贅沢で、至福の時で、最高の癒しです。

なので贅沢にこの石鹸で全身(髪の毛以外)洗います。いえ、洗うというより「泡を肌に乗せる」という方が近いかもしれません。泡を肌に乗せて撫でます。(転がします。)

その肌に触れる泡の柔らかさが気持ちよくて幸せな気持ちになります。

手のひらに乗る程度のサイズのこの石鹸、どの位持つと思いますか?私は本当に大切だから、少量をしっかり泡だてて使うので、半年以上持つのです。

今までただ単に安く済ませようと思い、石鹸を使っていた時期があります。私が無意識に雑に扱っていたからか、大切にしていなかったからか、1ヶ月程度で無くなるのが普通でした。

「好き」と言うだけでモノとの関わり方が変わります。関わり方、と言うのは「丁寧に関わるか」「雑に関わるか」のどちらかです。そして丁寧に関われば、その時間は至福の時になります。

身体を洗う時間を自分にとってのご褒美タイムにすることは可能です。自分にフィットするモノとの出会い、それにこだわることは、自分を大切にすることなのかもしれません。

これもミニマリストの楽しみ方ですね。