贅沢ミニマリスト

ミニマリスト「彩透いろ」が発信する、ミニマムライフを軸とした雑記ブログ。

ミニマリスト流「食べる美容液」とは。美容を兼ねた食生活

ものを持たないミニマリストとして、美容液を肌の外側から塗る前に、まずやりたいことがある。

美容アイテムは高い。種類が多い。継続が必要。よってお金がかかる。こだわりすぎると破綻‥とまではいかなくとも、物欲のマキシマムスパイラルに陥る恐れがあるカテゴリー。女性は(最近は男性も?)意識と心がけが必要だ。

i-love-broccoli
その心がけとは、美容液ほど美白効果の高い野菜を食べること。インナービューティー(内面美容)に取り組むこと。

そしてその野菜とは、ズバリ赤ピーマンと青菜、ブロッコリー。普通のピーマンでもいいのだけど、なかなか生食しにくいので、青菜の方がサラダなどで取り入れやすいだろうと。

どれもビタミンが豊富な野菜である。ビタミンはシミやソバカスの原因となるメラニン色素が肌に沈着するのを防いでくれる。これからの季節にはぴったりの野菜だ。

メラニン色素の生成をブロックできれば本来の透明感がよみがえる。ポイントは高い栄養価をキープしたまま身体に取り入れること。

そのために生食を心がけるようにした方がいいと思う。火を通すにしてもほんの少しにしよう。

旬の野菜を取り入れ、食べる美容を意識することはミニマリストとしてとても理にかなっている。ミニマリストの得意とする美容を「兼ねた」食事法だ。

安くて、美味しくて、何より習慣化しやすい。食べるだけで身体にポジティブな影響を与えてくれる。

ただし、美肌を追求するあまり、単一の野菜を一度にたくさん食べすぎないように。身体を冷やしてしまっては細胞の活性化の妨げになってしまうし栄養価はバランス良く、が自然である。

季節と調和をとりながら自分の身体の状態と対話しながら食事を楽しもう。野菜が好きすぎて、連日野菜のことばかり書いている。

 

そして冒頭で「物欲のマキシマムスパイラル」と言ったけれど、改めて読み返すとすごい言葉ですね。笑ってしまった。